JTA テニス!オンライン JTA テニス!オンライン

ようこそ ゲスト さん
会員ログイン
無料会員登録
入会と料金について
トップページ
番組検索
選手プロフィール
JTA テニス!オンラインとは
ヘルプ
お問い合わせ

Movie Ranking Top10
JTA公式サイトリンク
「Edy」決済、始めました。
Windows Media Player を入手する
Windows MediaR Components for QuickTime
TOP番組検索番組詳細
番組詳細
ニッケ全日本テニス選手権81st
男子シングルス 2回戦
杉山記一 VS 守屋宏紀  
   
単品購入価格…有料会員¥0(税込み) 無料会員¥216(税込み)
再生時間…32分28秒    ダウンロード可能時間…購入後 72時間
みどころ
第4シードの杉山に挑んだ16歳・守屋。
暖かい南風が吹き荒れるセンターコート。守屋の高いトスは、強風の影響で大きくぶれた。不安定なサーブがリズムを崩した。第1セット、1-3からラブゲームでブレークバックし、2-3とした守屋。次のサービスゲームが分岐点になった。デュースを6度繰り返したこのゲーム。最後は守屋がダブルフォールトを連発し、サービスダウン。2-4と離され、引き寄せかけた主導権を手放してしまう。
サーブに苦しんだのは杉山も同じ。しかし、さすがに世界で揉まれている選手。杉山は手堅いグラウンドストロークを打ち続け、要所ではサービスエースをたたき込む。
第4シード相手に、この試合内容は守屋の潜在能力の高さを示している。バックハンドのダウンザライン、ときおり見せた高い打点からのフォアハンド、ハッとするようなショットが何本もあった。安全運転の杉山を、ストローク戦で押しまくった。「グランドスラムとか、海外の試合で1回でも多く勝っていきたい。全日本も、出場できたら今年よりもっといい成績を出せたらいいと思います」。静かな口調で、しかし、はきはきと、守屋は来季に向けての決意を語った。
JTA公式メルマガ「テニスファン」より抜粋
C00312 ※現在、有料会員様のみ視聴可能です。(※ダウンロードは2022/03/31終了となりました。)
※時間帯によっては回線が混雑し視聴できない場合がございます。時間帯を変えご視聴ください。
※当サイトでの動画配信サービス終了とYoutube移行のため現在ご購入できません。

このページへのリンク
※動画の再生にはWindows Media Playerが必要となります。

利用規約 決済規約(特定商取引法に基づく表示) プライバシーポリシー ヘルプ 制作スタッフ募集