JTA テニス!オンライン JTA テニス!オンライン

ようこそ ゲスト さん
会員ログイン
無料会員登録
入会と料金について
トップページ
番組検索
選手プロフィール
JTA テニス!オンラインとは
ヘルプ
お問い合わせ

Movie Ranking Top10
JTA公式サイトリンク
「Edy」決済、始めました。
Windows Media Player を入手する
Windows MediaR Components for QuickTime
TOP番組検索番組詳細
番組詳細
ニッケ全日本テニス選手権84th
男子シングルス 3回戦
本村剛一 VS 伊藤竜馬  
   
単品購入価格…有料会員¥0(税込み) 無料会員¥216(税込み)
再生時間…45分33秒    ダウンロード可能時間…購入後 72時間

収録日…2009/11/01
みどころ
本村が見せた最後の意地

伊藤竜馬(フリー)は三重県いなべ市出身、88年5月生まれの21歳。前回、08年の全日本選手権では、決勝戦で添田豪に競り負け、惜しくも準優勝。09年シーズンは、デビスカップ、ウズベキスタン戦で初の日本代表入りを果たし、全米オープン予選では本戦まであとひとつに迫るなど、この1年で大きく成長した。

対戦相手は、今大会で引退を表明している本村剛一(北日本物産)。千葉県習志野市出身、73年12月生まれの35歳だ。全日本選手権では、シングルスで4度、ダブルスでは3度チャンピオンに輝いている。デビスカップでの戦績はシングルス21勝16敗、ダブルス3勝1敗。長い間、日本男子テニスを牽引してきたプレーヤーだ。

前日の雨の影響で男子シングルス2回戦と3回戦が同日に行われ、両選手ともに、これがこの日2試合目のゲームとなった。若手とベテラン、日本男子テニスの新旧対決は、本村のサーブでスタート。お互いが手の内を読み合いながらの緊迫したロングラリーが続く。一球ごとに主導権を奪い合うストローク戦は見応え充分だ。

得意のサーブとフォアハンドを生かした展開で一気に決めたい伊藤だが、本村は持ち前の粘り強いテニスで伊藤へ傾く流れを食い止める。全日本出場14回、シングルスでは今回の出場選手のなかで最多の53勝を挙げている本村が、成長著しい伊藤を相手に最後の意地を見せた。

※ランキング、選手の年齢、所属先などは大会開催時ものです。
C01088 ※現在、有料会員様のみ視聴可能です。(※ダウンロードは2022/03/31終了となりました。)
※時間帯によっては回線が混雑し視聴できない場合がございます。時間帯を変えご視聴ください。
※当サイトでの動画配信サービス終了とYoutube移行のため現在ご購入できません。

このページへのリンク
※動画の再生にはWindows Media Playerが必要となります。

利用規約 決済規約(特定商取引法に基づく表示) プライバシーポリシー ヘルプ 制作スタッフ募集