JTA テニス!オンライン JTA テニス!オンライン

ようこそ ゲスト さん
会員ログイン
無料会員登録
入会と料金について
トップページ
番組検索
選手プロフィール
JTA テニス!オンラインとは
ヘルプ
お問い合わせ

【特選】今月の無料ムービー
守屋宏紀 VS 綿貫陽介
 
すべての無料ムービーを検索できます!
Movie Ranking Top10
今西美晴 瀬間詠里花 VS 林恵里奈 梶谷桜舞 

田島尚輝 VS 阿多竜也 

村松勇紀 VS 大西遥 

アンドレイ・ゴルベフ VS ファブリス・サントロ 

藤原里華 VS 加藤未唯 

安上昂志 野口莉央 VS 宮本大勢 渡邉朋輝 

田島尚輝 青木一真 VS 白石光 清水健二朗 

長尾克己 奥大賢 VS 福田健司 廣田耕作 

土居美咲 VS 石津幸恵 

山口芽生 VS 本玉真唯 

JTA公式サイトリンク
「Edy」決済、始めました。
Windows Media Player を入手する
Windows MediaR Components for QuickTime
TOP番組検索番組詳細
番組詳細
インタビュー
【EX-006】ナショナルコーチ谷澤英彦の徹底解説[全日本選手権2010男子シングルス決勝 杉田祐一vs鈴木貴男] 
null
  
単品購入価格…有料会員¥0(税込み) 無料会員¥216(税込み)
再生時間…35分04秒    ダウンロード可能時間…購入後 72時間

収録日…2011/04/01
みどころ
ビッグマッチをナショナルコーチの鋭い眼で分析、詳細に解説する

第85回ニッケ全日本選手権・男子シングルス決勝は、初優勝を狙う第2シード杉田祐一と、3年ぶり通算4度目の優勝を狙う第3シード鈴木貴男の対戦となった。第1シードの伊藤竜馬は、準々決勝で仁木拓人に敗退。その仁木を破って決勝に勝ち進んだのが鈴木だった。一方、杉田は、準々決勝で第6シードの三橋淳を破り、準決勝では第4シード近藤大生の挑戦を退けて、決勝に進出してきた。

96年と97年、さらに2007年にも全日本を制したベテラン、鈴木貴男。今大会はすべてストレート勝ちで決勝に進出したが、3回戦以降の3試合ではタイブレークを5度も制し、ミスタータイブレークの異名を取った。切れ味のあるサーブと華麗なネットプレー、さらに果敢なネットダッシュを見せる鈴木は、日本を代表するサーブ&ボレーヤーである。

22歳の杉田祐一は、錦織圭や伊藤竜馬とともに、次の日本男子を支える若手のリーダー格だ。鈴木とは対照的に、武器はグラウンドストローク。タイミングの早いショット、力強いフォアハンドで相手を攻め、コートを縦横無地に駆け回るフットワークから逆襲のカウンターを放つ。2010年はATPチャレンジャーシリーズで初優勝を飾るなど、今、乗りに乗っているプレーヤーだ。

この試合の徹底解説をお願いしたのは、ナショナルコーチの谷澤英彦氏。現役時代には、1989年に史上最年少の17歳9カ月で全日本選手権優勝。NHKのテレビ中継などでの、わかりやすい解説には定評がある。
プレビュー(会員でなくても無料で「ちょっと見」できます!)
購入
C01581 ご注意:回線が混雑して「視聴」の再生がぎこちない場合は、ムービーを「ダウンロード」して視聴してください。

このページへのリンク
※動画の再生にはWindows Media Playerが必要となります。

利用規約 決済規約(特定商取引法に基づく表示) プライバシーポリシー ヘルプ 制作スタッフ募集